自律神経と整体

自律神経が乱れている場合、うつ病や自律神経失調症などの病気を引き起こしてしまう場合があります。食欲不振や不眠症、めまいや耳鳴りなどの症状が出てしまうこともあるそうです。これらは「心の病気」という認識を持たれがちで、治療についても薬物療法やカウンセリングが一般的です。しかし治療法のひとつとして、整体を挙げているところも多いそうです。

まず整体というのは体の歪みを治します。体の回復から行うことで、精神の調子の良さにも繋がってくると考えられているそうです。例えば体全体の位置が正常になることで、呼吸がしやすくなります。自律神経が乱れている場合、無意識に呼吸が浅くなってしまい、更に症状が悪化してしまうことがあるそうです。呼吸を深くすることで体が楽になるそうです。他にも歪みから内臓まで硬くなっていることがあると言われています。内臓の動きが鈍くなってしまうと、副交感神経も動きづらくなってしまいます。この副交感神経の働きを正常にすることで、病気などの治癒を早める効果が表れるそうです。また、単純に体の調子が良くなることで精神的なストレスも軽減されます。逆に体の調子の悪さから精神的なストレスを感じていたという人に関しては、この整体の施術だけで回復してしまった例もあるそうです。精神的な部分も身体的な部分も、自覚症状がなく悪い状態になっていることは多々あると言われています。

整体院によって行う施術も様々あるそうですが、基本的には「体を正常にすることで、神経の動きも正していく」と考えられているそうです。快復までも、やはり人それぞれです。整体は、医療行為ではありません。あくまで補助的な行為となりますので、医師と相談の上で、自分でしっかりと判断しましょう。