マッサージの効果

「クイックマッサージ」をご存知でしょうか。わずか20分前後の施術で劇的な効果を生むマッサージです。クイックマッサージに限らず、マッサージは正しい方法で行えば、期待以上の効果が実現します。その効果の種類は大別すると2つあり、それが健康効果と美容効果です。健康効果はさらに、身体的健康効果と精神的健康効果とに分けることができます。

身体的健康効果は、マッサージの最大の目的と言ってよいでしょう。例えば肩コリ、腰痛、頭痛等の痛みは、現代人の大きな悩みです。マッサージはそうした痛みを和らげ、現代人の日常生活をより快適なものに変えています。なぜマッサージで改善されるのかと言えば、そうしたコリ、痛みは、周辺の筋肉が硬くなって生じるからです。マッサージは硬くなった筋肉を柔らかくすることができるのです。筋肉が柔らかくなると、同時に血流がスムーズになります。それにより疲労から回復し、コリや痛みがおさまるというわけです。またマッサージを受けると筋肉が線維化しにくくなるとの研究報告もあり、筋萎縮、関節拘縮等を患った人にも向いています。

精神的健康効果は、マッサージを受ける時、或いは受けた後で実感する、リラクシング効果を指します。人間は常に不安や怒りといった負の感情と無縁ではありませんが、それらの感情を解消し、人を前向きにする効果がマッサージにはあります。ですからいわゆる気分障害にも効果的だと言われています。気分障害でだけではありません。現代のように常にストレスを社会から受けている状況にあっては、自律神経は大きく乱れます。自律神経の不調は様々な精神疾患を生じさせるのですが、マッサージはその予防にもなり得るのです。

美容効果は、体内の老廃物を体外に出す、いわゆるデトックスや、皮下脂肪を燃焼させることで期待できる効果です。エステティックサロンでは痩せることに重きが置かれ、リンパマッサージやハンドマッサージの効果を謳っています。