体温と免疫システム

生活改善に努める時、お勧めするのは身体を温めることです。体温に関心を寄せる人などあまりいないかもしれませんが、実は身体が冷えると健康が損なわれることが知られています。一般的には、体温が1度下がると、免疫システムの30%は機能しなくなると言われています。もちろんこれはその方の体調や疾患にもよるため、一概にもいえませんが。
薬の中には、摂取することで体温を下げる役割をもつものもあります。ですが体温を下げてしまう薬にももちろん役割はあり、例えば急性症状を抑えることで救われる患者は大勢います。一時的に症状から解放された患者のQOLが向上するという点で、薬には存在意義があるのです。その場合、薬のメリットは副作用を上回っていると考えます。しかし、長期的な使用となると、薬のデメリット、すなわち副作用がメリットを上回ってしまう場合は、薬に頼り過ぎずに使用を控えるべきだと考えます。薬を使い続けると、体温は一向に上がらず、免疫システムの弱体化に繋がります。免疫システムが正常に機能しなければ、罹っている大病の完治は望めないでしょう。根本的な治療を願うのであれば、免疫システムに任せる以外に方法がありません。
体温を上げるためには、種々の生活実践が功を奏します。例えば、血流を良くするのも最適な方法です。血流の活性化は免疫細胞の運搬をスムーズなものにしてくれますし、新陳代謝も促進します。36.5度以上に身体を保つように心掛けましょう。35度台は低すぎると考えた方が良いでしょう。ただしこのあたりは人により違いますから、かかりつけの医師や薬剤師に相談することがよいでしょう。