体の働きをも整える「整体」

私たち人が生きていく中で、思わぬ天災や、身近な人の死を経験することも無いとは言い切れないのでは無いでしょうか。こういった思いも寄らない災害や不幸が身に起こることは、突然大きなストレスに襲われるとも言い換えることができるのではないでしょうか。また、無意識であっても、長い間、継続してストレスがかかっている状態が続いてしまうと、ホメオスターシスと呼ばれる恒常性維持機能の働きが乱れ、正常に働かなくなってしまうことがあると考えられているようです。ホメオスターシスが正常に機能していない状態になってしまうと、一日の疲れを回復できないままに毎日を送るという状態になってしまうでしょう。こうなってしまっては、疲労はどんどん溜まっていくことになるでしょう。疲労の蓄積は、自律神経の働きをも乱し、それにより免疫力の低下も考えられるでしょう。そうなってしまうと、ケガや病気は治りにくくなってしまう上、更なるケガや病気を引き起こしかねないと言えるでしょう。こういった悪循環の状況で薬などに頼ってしまうと、それこそ身体にストレスを与え続けてしまうことになりかねないと言えるでしょう。そこで、近年注目されているのが、私たちがもともと持っている自然治癒力という力を引き出そうとする療法であるFMT整体と言えるのではないでしょうか。この整体は、皮膚や筋肉に直接働きかけることにより、自律神経の働きを整え、ホメオスターシスのバランスをよくしていく効果があると考えられています。今まで整体というと、歪みを直したり、痛みを取り除いたりといった働きばかりが注目されていましたが、身体を整えることで、内部も変化していくことが証明されつつあると言えるのではないでしょうか。