最近よく耳にする言葉に、「ブロックチェーン」があります。実はこのブロックチェーンも技術進化と無関係ではありません。ブロックチェーンは仮想通貨の技術で、仮想通貨が安全に取引されるように組まれている分散処理を指します。この分散処理は非常に高度で、データの改竄等がほぼ不可能だと言われています。仮想通貨は文字通り物理的に存在するお金ではありません。従って、データが書き換えられたら信用は一気に失墜してしまいます。ブロックチェーンは仮想通貨の信用を担保する技術として今後の発展が期待されているのです。ところで分散処理がブロックチェーンの本質であるとするならば、この技術は仮想通貨以外にも応用することが出来ます。ブロックチェーンの分散処理とは、巨大なコンピューターが担う「管理台帳」という方式を打ち破るもので、結果的にコストが削減され、時間も短縮されます。おまけに管理台帳よりも安全に運用することが出来るのです。ですから既に著作権の管理や特許の証明書管理等に利用されています。この分散処理についてもう少し具体的に見ましょう。ブロックチェーンのブロックには取引データとハッシュ値があります。これらのデータはブロックごとに専用の端末で管理されますが、同時にネットワーク上のあらゆる端末も共同で処理しています。ですからリソースを分け合っていることになり、全ての取引がネットワーク上で筒抜けになっているのです。つまり突然特定のコンピュータが壊れても、ネットワーク上の他のコンピュータからデータを移送してもらえば解決するのです。もちろんデータの書き換えに関しても、ネットワークに参加している全ての者が監視しているため、容易には行えません。ブロックチェーン関係者によれば、事実上不可能だということです。チェック体制は仮想通貨ごとに異なりますが、通常は台帳に書き込む時と、その後の運用時との二重チェック体制が採られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です