AIの利用領域は昨今広がっていますが、ヘルスケアの現場も例外ではありません。実際、高齢化社会になっている現代日本では、医療の現場、介護の現場でAIが活躍し始めています。AIは高齢化社会の様々な問題を解決してくれます。例えば、社会保険費を下げてくれるのもAIです。また医療技術を進歩させるのもAIです。こう説明してもイメージが沸かないでしょうから、具体的にお話ししましょう。AIの一つであるディープラーニングが医療の現場で使われると、例えば患部の撮影がより精度の高いものになります。CTやMRIで解析すると、これまで多くの時間を費やしていましたが、それが瞬時に完遂するのです。また、AIは医師の診断を助けてくれます。医師も全ての医学的知識を頭に入れているわけではありません。AIを用いれば、医学論文等から関連知識、データを抽出し、診断に間に合わせることが出来ます。さらに薬の開発にもAIは有用です。スクリーニングのスピードを速め、診断マーカーの探索も行ってくれます。このように、医療でAIが活躍する将来は目の前まで迫っているのです。